Go! Go! Wedding!

京都でおすすめの前撮り・フォトウェディング

前撮りやフォトウェディングだからできること

結婚式を挙げるにあたっては、様々な準備が必要になります。衣装を選ぶのも、嬉しくもあり、大変でもある作業です。一生に一度の記念ということを考えれば、厳選したものを着たいというのが一点、そしてできるだけたくさんの衣装を着てみたいというのも正直なところでしょう。しかし、数時間の結婚式、披露宴において、和装とウェディングドレスをどちらも着て披露するというのは時間的にかなり無理があります。どちらかを選ばなければならないという現実に向き合う時、助けになってくれるのが前撮りのシステムです。
京都で前撮りを検討する際は、たくさんの選択肢があります。できるだけたくさんのものから選びたいですし、お値段のことも気にかかります。経験豊富でリーズナブルという衣装屋さんや撮影スタジオが京都にはたくさんあります。また、風光明媚な土地柄でもあるので、スタジオだけではなく、屋外での撮影もおすすめです。ネット等で調べれば、かなりの数のスタジオ等がヒットします。また、同じ会社でも、複数のスタジオを持っているところがあり、選ぶ楽しさも増えます。
比率でいうと、式ではウェディングドレス、前撮りで和装というパターンが多いですが、もちろんその逆も可能です。特に年配の方などは花嫁の和装を見たいというリクエストも多いので、そちらを選択した、という人もまた多いです。どちらをゲストに直接見てもらいたいと思うかは、当人たちの自由です。どちらか迷うなら、動きが制限されたり脱いだり着たりも大変な和装を前撮りにしてしまう方が楽かもしれません。
事前に撮影する方法であれば、時間的にもゆっくりと余裕をとれるため、イライラせず臨めるのもメリットです。金額的にも、基本パックにオプションを付けるなどわかりやすくしてあるところもあるので、他社と比較しやすかったり、納得のいく金額でしてくれそうなところをチョイスすべきです。とにかく、まずは要望をまとめ、それにどれだけ応えてくれるかというのを気軽に相談してみると良いです。最も応えてくれそうなところを選ぶのがベストなので、数社に話を聞いてみることをおすすめします。
前撮りで撮影した写真は、披露宴の入り口や目につくところに置いて、ゲストの人に披露して見てもらうのも良いです。お世話になった方や祖父母などには贈り物としても喜ばれるので、簡単なアルバムを作ったり、飾りやすいように加工して贈るのも良いプレゼントになります。最初に相談する時、そこまで依頼しておけば安心です。

撮影後のデータはどうするのか

フォトウェディングといっても撮影まで終わるとこれで終わりと考えている人も多いと思いますが、ここまでやってと来たとホッとすることでしょう。
撮影をすることで、ここまできたことでその後は撮った写真を選んでいってから持ち帰ることが本来の目的で写真を撮るために、本格的なウェディングドレスを着てからメイクまで本格的にして撮影をしますので、最後の写真を選んでから持って帰るようにしなければいけません。

フォトウェディングの場合は、結婚式とほとんど変わりがありません。
そのためには、データをもらってから写真と合わせて一緒にデジタルデータも必要です。
そこで考えなければいけないのが、データをどのようにしてから利用するかという音です。
フォトウェディングを撮影するときには、業者ごとに違っていて、衣装・メイク・小物・写真データの全てセットになっている場合と、写真データだけは別売りになっている場合があります。
ただし、データといっても何カット撮影するかでも料金が変わってきますので、撮影時のカット数が何枚になるかもしれない場合が本当かもしれません。
撮影枚数でも料金が変わりますのでどのカット数が一番いいかは本人のためのものとなりますので、出来ればカット数が多い方がいい写真を選ぶことが出来ると思います。
フォトウェディングを撮るときには、どれだけのカット数を取るかで写り具合が全く変わってきます。
その場合は、どのくらいのカット数を取ればいいのかはどう考えていればいいのでしょうか。

実際にカット数と撮影した写真の出来を見ていると、一番大切なのが50カットという飯安になりますが、実際に50カットの場合はどこの業者でもセフォトウェディング業者の中では50カットと言うのがセット内容に入っていると思います。
実際に撮影をしていくと、50カットの写真ですと、なかなか気に入ることがむつかしと思います。
気に入るようなカット枚数をどのくらいあればいいと思いますか。
実際には、最低でも100カットはないといい写真を選ぶことができないと思います。
最低100カットとなると、追加でカット数を増やす必要が出てきます。
当然カット数が多ければそれだけいい写真を撮影することができます。
出来れば150カット程度の枚数をとってもらったほうがいい写真を持ち帰ることが出来るのではないでしょうか。
それにデータとしては、アルバムにしてくれて持ち帰ってもいい業者もあります。
データをもらうために写真撮影をしているだけでこのような写真のデータは必要ではないでしょうか。

SITE MAP